CDAひらやま事務所の業界研究セミナーの特徴


平成27年度 業界研究セミナー実施大学

大阪大学、神戸大学、大阪教育大学、滋賀大学、大阪国際大学、兵庫県立大様

◉元、印刷関連ゴムメーカー営業統括責任者 【東京・大阪・神戸・広島(営)】

◉経営コンサルタント(現在 大阪商工会議所エキスパート専門家)
   (箕面商工会議所にて、7年間で約2,000件の経営コンサルティング実績)

◉心理カウンセラー(NLP心理学インストラクター)

◉大学で8年間、販売士講座を通じてマーケティングを講義(合格率、常に80%~10  0%をキープ)

◉キャリアカウンセラー(職業訓練学校では約3,000時間講義)

◉企業から委託を受けて、大手企業で実際の面接を実施(現役面接官)

◉企業研修講師、講師派遣を実施し、あらゆる業界に精通。自身も公務員試験に合格
(経営戦略策定、人事向け中小企業の人材育成セミナー、ロジカルシンキング、ワークライフバランス、生産管理セミナー、コミュニケーション、開業セミナー等講義)


≪5大特徴≫ やるべきことを明確に提示。90分の講演後、学生の意識が変わります!


①業界研究の前に簡易自己分析も実施

業界研究をする段階では、まだ自己分析ができていない学生も多数います。
業界研究セミナーの中でも簡易にできる明確な自己分析を実施し、学生の迷いを断ち切ります。
具体的には、人生を貫くキーワードをチェックして頂き、それが実現できる業界を書き出してもらいます。
例えば、“楽しませる”ことを仕事にしたければ、それが実現できる業界であればご自身の価値観は満たされると思います。
アミューズメント業界でも食品業界でも、教育業界でも、学生の皆さんの価値観、キーワードが満たされれば業界に、こだわらない視点も重要だと思います。
そして、「なぜ、○○業界で人を楽しませたいのか?」このなぜの部分をペアワークで言語化してもらい、自分自身でも振り返ってもらいます。
この仕事がしたい!という”want to の動機があるからこそ、志望動機が言えるのです!
また、自分がしたいことは、過去の体験・経験も基づくので、自分自身の考え方、価値観を振り返ることで、今後の就活の軸を確定させます。
業界研究セミナーでありながら自己分析も同時にできる点がこのセミナーの良さだと言って頂いております。
シンプルでわかりやすい上に、多数の大学様で業界研究セミナー以外でもご評価頂いています。


②豊富なデータと多角的視点からの企業選びのアドバイス

キャリタス就活を運営する株式会社ディスコのパートナー企業として、就活ナビサイトからの最新の情報を提示致します。
会社を選ぶ視点は、商工会議所で、7年間で約2,000件の経営コンサルティングを指導していきた経験から学生にとって一番大切な観点から説明致します。
学生の一生を左右する会社選びは、業界研究はプロにお任せ下さい。
どのような学生にもわかりやすく解説致します。


③内定が目的ではなく、学生の人生を見据えた企業選びの視点を提示

そもそもどうやってキャリアデザインを描くのか?
そのために、今、何を基準に企業を選べばいいのか?を学校毎の理解度に応じて説明致します。
キャリアデザインにはビジョン型と価値観型があり、日本人の多くは価値観型が多い傾向にあります。
つまり、就職してから自身の努力と縁で道を切り開いていくのです。


④財務面、有価証券報告書のどこを見るべきか?を説明

会社の財務状態を確認できるように、会社の3つの利益、売上高に対する比率のことや、有価証券報告書の見るべきポイントをお伝えします。
具体的には、ROA,ROE,売上、売上総利益、営業利益、経常利益の見方と利益剰余金、会社の資金繰りを見極める流動比率等についても解説致します。
2次、3次、最終面接で役員、社長からどの角度から質問されても的確に答えられるように押さえるべきポイントについて説明致します。


⑤参考資料も提示

企業選びの視点、オススメ本の紹介等、学生が自ら業界研究ができる材料を提示します。
90分の講演で学生の意識を変えるだけでなく、具体的な業界・企業研究の方法をお伝えします!

Photo

© 2016 . All Rights Reserved | CDAひらやま事務所